Skip 一般社団法人日本うつ病センター
JDC - Japan Depression Center 一般社団法人日本うつ病センター(JDC)

JDCについて

  • TOP >
  • JDCについて

JDCについて

JDCの設立趣旨

 1973年、ヨーロッパ各国の一般診療科医を対象とした調査で受診者の10%がうつ病に罹患していることが明らかとなり、また我が国の一般内科受診者の6〜10%がうつ病であることが多くの報告で示唆され、うつ病患者の世界的な増加への対応が求められました。殊に一般診療科におけるうつ病治療の重要性から世界保健機関(WHO)は、一般診療科医、コメディカルスタッフへのうつ病の診断・治療に関する精神衛生プロジェクトを開始しました。さらに1976年、世界精神医学会(WPA)はWHOとともに「うつ病の予防と治療のための国際委員会(ICPTD: International Committee of Prevention and Treatment of Depression)」を発足させました。
 わが国でも、1978年にICPTD委員の高橋良先生(当時、長崎大学教授)を世話役とした「一般診療科におけるうつ病の予防と治療のための委員会(JCPTD :Japan Committee of Prevention and Treatment of Depression))」が任意団体として発足し、30余年に亘る啓発活動を行っています。詳細は「JCPTD30年の歴史」をご覧ください。

 うつ病にともなう社会活動能力の低下やうつ病を原因とする休職者、自殺者の増加などうつ病を取り巻く環境は未だ改善されず、さらなる対策が求められているところです。
 こうした状況下、任意団体としての啓発活動には限界があり、2010年に一般社団法人「うつ病の予防・治療日本委員会(JCPTD)」として法人化しました。さらに、2015年「一般社団法人日本うつ病センター(JDC: Japan Depression Center)」と法人名を変更しone stopで高度且つ包括的な医療支援を開始することになりました。

JDCの使命

精神疾患の中でも、しばしば遭遇する「うつ病」や他の関連する病気について、最新の情報を提供しながら、その予防法、早期発見法、診断の仕方、治療の仕方などについて紹介し、うつ病などによって生じる直接的な損失だけでなく副次的な問題をも軽減させることを使命とします。

JDCの活動目的

本委員会は、一般開業医・プライマリーケアおよび精神科・心療内科以外の診療科医で、うつ病および関連の疾患に関心を抱く医師・コメディカルスタッフへの情報提供、およびうつ病など軽症の心理的障害に悩む一般市民の方々に適切なアドバイス・支援の方法を伝えることを活動の目的にしています。

  • TOP >
  • JDCについて
このページトップへ戻る
copyright 2010 © Japan Depression Center all right reserved.